組合について

組合のご案内

南陽市建設連合組合は、建設現場で働く方のための組合です。建設従事者から事業主まで建設業に関係する職種の仲間が集まり、建設現場で働く仲間の「いのちと暮らしを守る」ため、国民健康保険、労働保険などの事業を行い、建設業の健全な発達を目的に取り組んでおります。

所在地

〒999-2232

山形県南陽市三間通420-1
電話番号 0238-43-3309
FAX番号 0238-43-3338
代表者

組合長

神尾 裕志
設立年月日 平成2年4月1日

(合併による)

加入できる職種 大工/土木・土工/鳶工/エクステリア工/型枠大工/解体工/タイル工/給排水設備工/左官工/看板工/屋根板金工/電気工/建具工/畳工/鉄骨・鉄工/ブロック・レンガ工/サッシ工/石工/造園工/空調設備工/塗装工/鉄筋工/木工・家具工/ガラス工/設計工/内装工/金物工/表具工/その他建設関係職種
組合加入手続きについて

こちらをご覧ください

アクセスマップ

組合加入について

南陽市建設連合組合へ加入については、以下の手続きが必要となります。

  • ①加入申込書の提出
  • ②建設業に従事していることがわかるもの(資格等)
  • ③住民票謄本(マイナンバー付)
  • ④組合加入金(加入時のみ)21,000円
  • ⑤毎月の組合費
    • 64歳まで1,500円+共済金
    • 65~70歳1,500円+共済金
    • 71歳以上1,500円+共済金

    共済金は年齢別に金額が変わり、毎年変動します。今年度の共済金額は、お知らせに記載しております。

その他、建設国保、労災保険等に加入する場合は、他に書類や費用が必要になります。

申請書類はこちらからダウンロードしてご利用ください

市町村国保と比較

下記は「建設国保」と「南陽市の市町村国保」の比較となります。

建設国保 市町村国保(南陽市)
加入対象者 建設業に携わる方 自営業など
治療費の自己負担 義務教育就学前…2割
義務教育就学以降70未満…3割
70歳~74歳…2割
70歳~74歳…現役並み所得3割
建設国保と同じ
高額療養費 医療費の1ヶ月の窓口負担が自己負担限度額を超えたときは、申請によりその超えた額が払い戻されます。 建設国保と同じ
出産育児一時金 原則45万円 原則42万円
傷病手当金※1 1日につき4,000円(2年間で80日まで) なし
死亡時(葬祭費) 組合員・家族5万円 葬祭を行った者へ5万円
付加給付金 一部負担金が、17,500円を超えた額が払い戻されます。 なし
健康診断補助金※1 組合員・家族13,500円
40歳以上は特定健診が必須
・脳ドック3年に1回25,000円

国保からの補助はなし。

ただし、若年検診(25〜39歳)自己負担2,000円。特定健診(40〜74歳)自己負担2,000円。

インフルエンザ予防接種助成金※1 組合員・家族64歳以下2,000円
小学生以下の2回接種は4,000円
国保からの助成なし

65歳以上の方は、予防接種法が適用され、1回2,000円助成(自治体より)

令和4年10月1日現在、6ヶ月時から中学3年生まで1回2,000円助成、妊婦1回2,000円助成。

※1 資格取得6ヶ月経過した方

建設国保について、詳しくはこちらからご確認ください